『百年後芸術祭 ~環境と欲望 内房総アートフェス~』協賛について

[エンターテイメント]

株式会社木下グループ(本社:東京都新宿区/代表取締役社長兼グループCEO:木下直哉)は、芸術・文化支援の一環として、2024年3月23日(土)~5月26日(日)に千葉県内房総5市で開催される「百年後芸術祭 ~環境と欲望 内房総アートフェス~」に特別協賛いたします。

内房総アートフェスは、市原市・木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の内房総5市による、アート・クリエイティブ・テクノロジーの力を融合した新しい形の芸術祭です。

百年後の未来をつくっていくための持続可能なプラットフォームとして、千葉県誕生150周年記念事業の「百年後芸術祭」が展開されている中で、内房総5市の広域連携、官民協同による初の試みとして開催されます。

総合プロデューサーは、会場の一つであるクルックフィールズ(木更津市)を営む音楽家の小林武史氏、アートディレクターは「いちはらアート×ミックス」など地域に根ざした芸術祭を数多く手掛ける北原フラム氏が務めます。

国内外のアーティストによる多様な作品が内房総5市に展示されるほか、音楽・映像・ダンス・テクノロジーが融合した「ライブ・アート・パフォーマンス」、食をテーマとした体験型プログラムも行われます。

千田泰弘 作『Analemma 2023』

百年後芸術祭 -内房総アートフェス- en Live Art Performance 市原公演

木下グループは、人々がより心豊かに暮らせる社会づくりに貢献すべく、今後も多様な芸術・文化支援に取り組んでまいります。

【開催概要】
■イベント名
千葉県誕生150周年記念事業 百年後芸術祭 ~環境と欲望 内房総アートフェス~

■会期
2024年3月23日(土)~5月26日(日)

■会場
内房総5市(市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市)

■主催
内房総アートフェス実行委員会、市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市

■後援
千葉県

■公式HP
https://100nengo-art-fes.jp/

(参考)百年後芸術祭について
千葉県誕生150周年記念事業の一環として実施される、百年後を考える誰もが参加できる芸術祭。自然、文化資源、豊かな千葉を舞台に、一緒に百年後を創っていく共創の場としての芸術祭を目指す。

【本件に関するお問合せ】
木下グループ 広報室
Mail:kouhou@kinoshita-group.co.jp