木下グループ

新着情報NEWS

2021.10.11 ニュースリリース

木下抗菌サービスのコーティング剤 『キノシールド』 が、 新型コロナウイルス変異株(デルタ株)で不活化を確認

デルタ株の不活化を確認。キノシールドの新研究結果を公開。
式会社木下グループ(本社:東京都新宿区、グループCEO 木下直哉)の傘下で、抗菌サービスを手がける株式会社木下抗菌サービス(東京都新宿区、代表取締役社長 川村卓也)は、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターでの抗ウイルス性試験の結果、新型コロナウイルス変異株(デルタ株)の不活化を確認しました。
具体的には、キノシールド(光触媒コーティング剤)を噴霧した綿の繊維にウイルスを接種、2時間後にプラーク法でウイルス
感染価を測定した結果、抗ウイルス活性値が3.0(ウイルス数が1/1000へ不活化)であることを確認いたしました。

木下抗菌サービス 「キノシールド」https://kinoshita-kokin.com/

「キノシールド」は、人体に無害の自社開発のコーティング剤を噴霧して、建物などの空間をまるごと抗ウイルス・抗菌コートするサービスで、効果はおよそ一年間です。人が接触するすべての物をコーティングすることで、毎日消毒をしなくても衛生的な環境を保つことができます。「キノシールド」は、東京タワーや国立競技場、イオンモール幕張新都心などの大型施設をはじめ、病院や学校、電車、バス、映画館などさまざまな場所で採用されています。
さらに、パリ・ルーヴル美術館で今年7月に開催された映画祭「Cinéma Paradiso Louvre」では、不特定多数の方が集まる会場における新型コロナウイルス感染対策として、木下抗菌サービスのスタッフが会場内の抗ウイルス・抗菌施工を行いました。

■キノシールドが特許を取得しました。
特許番号: 特許第6935603号
発明の名称: 抗ウイルスコーティング用組成物、抗ウイルスコーティング方法及び抗ウイルス物
特許権者: 株式会社木下抗菌サービス
特許登録日: 2021年8月27日
木下グループでは、木下工務店、木下不動産、木下のリフォーム、木下抗菌サービス、医療法人社団 和光会など、グループ内の事業ノウハウを結集し、「キノシールド」や「PCR検査センター」などを拡充させることで、みなさまの安心・安全な毎日と、一日も早い経済回復のため、新型コロナウイルスにグループ全体で取り組んでいます。
(「キノシールド」施工実績: https://kinoshita-kokin.com/result/ ) 

◇ 参考資料

■会社概要
社 名: 株式会社 木下グループ
設 立: 1990年10月
代表者: 木下 直哉 (代表取締役社長兼グループCEO)
本 社: 東京都新宿区西新宿6-5-1
URL: https://www.kinoshita-group.co.jp/

報道関係者からのお問い合わせ先
<抗菌サービスの取材について>
株式会社木下グループ  広報:三谷
MAIL:release@kinoshita-group.co.jp TEL:080-4795-7179

法人および一般の方からのお問い合わせ先
<抗菌サービス予約ならびに運用について>
株式会社 木下抗菌サービス 担当:石田
MAIL:koukin@kinoshita-group.co.jp TEL:03-5908-2389