木下グループ

新着情報NEWS

2021.07.06 ニュースリリース

仙台市に木下グループ「新型コロナPCR検査センター」 が登場

信頼性の高いPCR検査を安価で提供し、安心・安全の暮らしをサポート
株式会社木下グループ(代表取締役社長:木下直哉、本社:東京都新宿区西新宿6丁目5番1号)は、仙台市役所内に、常設の「新型コロナPCR検査センター 仙台店」(住所:宮城県仙台市青葉区国分町3-7-1 仙台市役所本庁舎 1階 旧ギャラリーホール)を、7月15日(木)に開業します。同店舗では、唾液採取によるPCR検査を行い(所要時間3分)、検査報告書を検査日の翌日24時まで(最長翌々日24時まで)にご本人にメール通知します。

新型コロナウイルスは、現在ワクチンの供給が徐々に始まっていますが、国民全体まで行き渡るには一定の時間を要することが予想されています。コロナ禍における経済活動の活性化は喫緊の課題であり「新型コロナPCR検査センター 仙台店」では、そのような課題解決の一助になるのではという思いから、この度の開業に至りました。

「木下グループ 新型コロナPCR検査センター」は、昨年12月に開業した新橋店をはじめ、現在では新宿、渋谷、秋葉原、池袋と都内に5店舗、さらに羽田空港第1ターミナル店、第2ターミナル店、福岡空港店を開業。また読売巨人軍が那覇市内に開設中のPCR検査センター「読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター」の運営をサポート。(今後も地方への出店を予定)木下グループでは、店舗来店型や、企業団体・自治体向けの集配式PCR検査、さらに自宅用のPCR検査キットなど、信頼性の高い安価なPCR検査を拡充することで、コロナ禍におけるみなさまの安心・安全な暮らしづくりに貢献してまいります。

■施設概要
【名称】
新型コロナPCR検査センター 仙台店

【URL】
https://covid-kensa.com/sendai.html

【所在地】
宮城県仙台市青葉区国分町3-7-1 仙台市役所本庁舎 1階 旧ギャラリーホール

【営業時間】
8:30~17:30 ※土・日曜日を除く

【運営】
株式会社 コロナ検査センター(木下グループ 100%子会社)

【監修】
医療法人社団和光会

【備考】
仙台市民 :1,900円/仙台市民以外の宮城県民:2,100円

木下グループは、安価で信頼性の高いPCR検査を拡充しています。
木下グループが運営する「木下グループ 新型コロナPCR検査センター」は、木下工務店、木下不動産、木下のリフォーム、木下抗菌サービス、医療法人社団 和光会など、グループ内の事業ノウハウを結集して実現しました。同センターは、昨年12月に新橋・新宿に、今年2月に渋谷・秋葉原・池袋(すべて都内)に、4月に羽田空港第1ターミナルと第2ターミナルに開業、各店舗および企業団体向けの集配式検査を併せて、1日あたり約13,000件のPCR検査を行っています。検査方法は、唾液によるPCR検査や、鼻腔ぬぐい液によるエキスプレス検査(高精度抗原定量検査)、新型コロナウイルスとインフルエンザを同時検出するエキスプレスPCR検査などで、いずれも信頼性の高い検査キットを採用しています。そのほか、店舗に行くことができない方向けに自宅用のPCR検査キットも4月より販売しています。

<直近の実績に関して>
木下グループでは、今年2月のプロ野球春季キャンプに合わせて読売巨人軍が沖縄・那覇に開設したPCR検査センターの運営をサポート、9球団のほかJリーグの4チーム、現地の球場やホテルスタッフ、報道関係者など合計8,000人以上のPCR検査を実施しました。また、ANAセールスと共同でPCR検査付きの旅行パッケージも展開、そのほか日本財団による「高齢者施設で働く方への定期的な無料PCR検査」(1日約5,000件)の運営サポートなども行っています。4月に開業した羽田空港第1ターミナル店/第2ターミナル店においては、これまでに合計で約3万5千件以上の検査を実施しました。

木下グループでは、信頼性の高い安価なPCR検査を拡充することで、コロナ禍におけるみなさまの安心・安全な毎日をサポートできると考えています。

■会社概要
社 名: 株式会社 木下グループ
設 立: 1990年10月
代表者: 木下 直哉 (代表取締役社長兼グループCEO)
本 社: 東京都新宿区西新宿6-5-1
URL: https://www.kinoshita-group.co.jp/

法人および一般の方からのお問い合わせ先
<新型コロナPCR検査センター予約ならびに運用について>
株式会社 コロナ検査センター 担当:宮田・日下部
MAIL:corona-testcenter@kinoshita-group.co.jp TEL:03-5908-0152

仙台市長定例記者会見 令和3年7月6日