木下グループ

新着情報NEWS

2021.01.27 ニュースリリース

読売巨人軍が、那覇市内でPCR検査センターを開設。新橋・新宿などでPCR検査センターを運営する木下グループが、運営をサポート

株式会社木下グループ(本社:東京都新宿区、グループCEO 木下直哉)は、読売巨人軍が那覇市内に新たに開設するPCR検査センター「読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター」の運営を、サポートすることが決定しました。

読売巨人軍は、プロ野球の春季キャンプがスタートするにあたり、9球団が集まる沖縄県内で新型コロナウイルスの対応にあたる医療機関や検査機関、医療従事者に対し、極力ご負担をおかけしないようにとの思いから、各球団や同県内でキャンプを実施するJリーグの各クラブ等を対象にした新たなPCR検査センターを期間限定で開設致します。

また、沖縄県内では2月末以降、大学・社会人野球の合宿等が各地で始まり、他の競技の練習も本格化します。このようなアマチュア・スポーツの方々にも、検査センターを広くご利用いただくことにより、今年で那覇キャンプを始めて11年目となる読売巨人軍は、スポーツ・ツーリズムによる観光振興を掲げる沖縄県に恩返しができればと考え、開設に至りました。

読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター
主管    :読売巨人軍、読売新聞社
協力    :㈱木下グループ、㈱ホット沖縄、一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー
監修    :医療法人社団 和光会
開設場所  :那覇市前島2‐3‐6 イースタービル1階
開設期間  :1月29日(金)~ 4月30日(金)
開業時間  :午前10時~午後7時(土日祝も開業)
検査対象  :NPBの各球団、キャンプを取材する報道陣・評論家、Jリーグの各クラブ、キャンプ地のホテルやバス会社など観光関連の団体・法人等
WEBサイト:https://covid-kensa-okinawa.com/

また当社は、読売巨人軍とともに、コロナ禍のために経済的な影響を受けている同県内のご家庭、特に子どもたちにお役に立てていただくため、公益福祉法人「沖縄県母子寡婦福祉連合会」に計200万円を寄付させていただきます。

株式会社木下グループ(本社・東京都新宿区)は、木下工務店、木下不動産、木下抗菌サービスのほか、医療法人社団 和光会を傘下に持ち、昨年12月には、東京の新橋・新宿に「新型コロナPCR検査センター」を開設致しました。また、都内で3か所(渋谷・池袋・秋葉原)の検査センターを準備しており、店舗型と企業団体向けの集配式の検査も併せて、1日あたり約1万3000件強のPCR検査を行っています。