木下グループ

新着情報NEWS

2021.08.26 イベント・キャンペーン

宮本亞門演出の新作ミュージカル「カラテ・キッド」のワールドプレミア公演が決定!

ブロードウェイのトライアウト公演として2022年春に米国セントルイスにて
株式会社木下グループ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼グループCEO:木下直哉)とゴージャス・エンターテイメント(本社:米国ニューヨーク、社長:吉井久美子)は、共同製作中の新作ミュージカル「カラテ・キッド」(英題:The Karate Kid – The Musical)を2022年春に米国セントルイスにてワールドプレミア公演をすることを決定いたしました。ブロードウェイのトライアウト公演として、ミズーリ州セントルイス郊外のカークウッド・パフォーミング・アーツ・センターで展開される「ステージズ・セントルイス(STAGES St. Louis)」の2021-2022シーズン作品の1つとなります。本年9月からニューヨークでワークショップが開催され、来春に向けて鋭意製作進行中です。

本ミュージカル「カラテ・キッド」は、1984年コロンビア・ピクチャーズ製作の大ヒット映画『ベスト・キッド』を、オリジナル映画版を執筆した著名脚本家ロバート・マーク・ケーメンが脚本、新鋭のドリュー・ガスパリーニが作詞・作曲を担当。演出は2004年に「太平洋序曲」で東洋人初のブロードウェイ・演出家デビューを果たした宮本亞門が手がけます。振付はダンス界の第一線で活躍するケオネ&マリ・マドリッド。その他クリエイティブチームには、日本から前田文子が衣裳デザインを担当する他、トニー賞受賞デザイナー陣、デレック・マクレーンがセットデザイン、ブラッドリー・キングが照明デザイン、そして日系アメリカ人の原田海が音響デザインを担当するなど、ブロードウェイの精鋭クリエイティブチームが集結しました。セントルイス公演後はブロードウェイ入りを目指して参ります。

世界中で30年以上にわたり愛され続ける人気映画シリーズであり、最近ではNetflix等でオリジナル映画版の34年後を描いた「コブラ会」シリーズが2018年より配信されていることで、本ミュージカル「カラテ・キッド」は米国で幅広い世代から注目を集めています。

〈セントルイス公演詳細〉
■タイトル:ミュージカル「カラテ・キッド」(英題:The Karate Kid – The Musical )
■日程:2022年5月25日〜7月3日(予定)
■劇場:カークウッド・パフォーミング・アーツ・センター(Kirkwood Performing Arts Center)メイン劇場
■シアター・カンパニー:「ステージズ・セント・ルイス(STAGES St. Louis)」はエグゼクティブ・ディレクター、ジャック・レーン(Jack Lane)のもと、35周年を迎えるシアター・カンパニーで、本2021-2022年シーズンは、新しいパフォーミング・アーツ・センターに拠点を移した後の初めてのシーズンになります。

〈クリエイティブ・チーム〉
■脚本:ロバート・マーク・ケーメン(Robert Mark Kamen)
■作詞/作曲:ドリュー・ガスパリーニ(Drew Gasparini)
■演出:宮本亞門(Amon Miyamoto)
■振付:ケオネ&マリ・マドリッド(Keone & Mari Madrid)
■セットデザイン:デレック・マクレーン(Derek McLane)
■衣裳デザイン:前田文子(Ayako Maeda)
■照明デザイン:ブラッドリー・キング(Bradley King)
■音響デザイン:原田海(Kai Harada)
■オーケストレーション:ジョン・クランシー(John Clancy)
■音楽監督:アンドリュー・レスニック(Andrew Resnick)
■製作:木下直哉(木下グループ)、吉井久美子(ゴージャス・エンターテイメント)、マイケル・ウォーク (Michael Wolk/Wolk Transfer)

ミュージカル「カラテ・キッド」公式Webサイト
https://thekaratekidthemusical.com/

【本件に関する問い合わせ先】
木下グループ 担当:谷川
Mail:release@kinoshita-group.co.jp